HOME > 会社設立の流れ

会社設立の流れ

会社設立の流れ

簡単に、会社を設立するにあたっての流れを把握しておきましょう。

1. 会社概要の決定

商号、発起人、本社所在地、事業目的、資本金額、事業年度、発行株式の総数や金額などを決定する

2. 商号の調査・事業目的のチェック
2. 商号の調査・事業目的のチェックのイメージ

近くに似た商号で同一の事業をしている会社がある場合など、不正競争防止法によって利用できない場合があります。場合によっては商号使用の差止め請求や損害賠償請求をされる可能性があるので、管轄法務局で調査しましょう。「事業目的の的確性」も合わせて法務局で確認してもらいましょう。他人が見ても事業内容がわかるように、明確にします。

3. 印鑑の作成および印鑑証明書の取得

会社を設立するために、印鑑は不可欠です。一般的に会社実印、代表印といわれ、登記申請と同時に代表取締役の印として法務局に届け出て印鑑登録をします。

4. 定款の作成

1に基づいて定款を作成します。
定款には、記載しなければならない絶対的記載事項があります。以下の記載事項をしっかりと決めておきましょう。

  • 商号
  • 事業目的
  • 本社の所在地
  • 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
  • 発起人の氏名及び住所
  • 発行可能な株式総数
5. 定款の認証

定款の作成が終わりましたら、公証役場で認証してもらいます。

6. 資本金の払い込み
6. 資本金の払い込みのイメージ

定款に決めた資本金を出資者の名義で振込致します。
振り込む際に、通帳に支店名が書いてあるページに、入金の確認ができるページのコピーを取り、振り込まれた事が確認できる「払込証明書」を作りましょう。

7. 法務局へ登記申請

本店がある所在地を管轄している法務局で登記申請をします。

8. 会社設立後の各種届出

税務署や社会保険事務所などへ各種届け出を行います。

小倉公認会計士・税理士事務所のメリット

小倉公認会計士・税理士事務所のメリットのイメージ

会社設立をご自身で行うこと自体は、不可能ではありません。
メリットは、代行を頼まない分、依頼報酬がいらないということです。ですが、会社設立代行を依頼する場合と、ご自身で会社設立の業務をする事を比すると金額の差は僅かです。
更に、細かく面倒くさい作業が多いため、どうしても時間がかかってしまいます。
会社設立に関連する書籍を熟読して、法務局・公証役場に度々訪問しなくてはいけません。
起業準備で、忙しいのに無駄時間に費やしてしまう可能性があります。

そんなとき、会社登記の専門家にご依頼いただければ、会社設計の各種アドバイスも含めて、あなたの貴重な時間と手間のかかる労務を補います。

お問い合わせ

最新情報

一覧を見る

2015/02/11

2014年9月10日枚方市の法人様と顧問契約を締結イタシマシタ。

2015/02/09

2014年9月1日大阪市中央区の法人様と顧問契約を締結致しました。

2015/02/07

2014年8月10日豊岡市の個人様から相続税申告業務を引き受けました

2015/02/06

2014年8月1日京都市伏見区の法人様と顧問契約を締結致しました

2015/02/05

2014年7月20日京都市伏見区の法人様と顧問契約を締結致しました

  • RSS配信
  • RSSヘルプ